メインイメージ

非営利団体の設立

非営利団体の社団法人を設立するには

社団法人は非営利団体として設立されます。営利目的の団体ではありませんから利益の追求は行わずに利益が出ても次年度に繰り越されます。非営利団体はボランティア団体ではありません。社団法人を運営するには当然、従業員を雇う必要もありますから、従業員には給料を払わなくてはいけません。社団法人は非営利団体とは言っても行動するためには資金が必要です。

非営利団体の社団法人は株式会社のように金融機関からの資金調達ではなく基金という形で資金調達を行います。社団法人は基金という形で資金の公募が可能なのです。社団法人を設立したら行動理念を広く認知してもらい基金を募る必要があります。いくら素晴らしい団体でも設立しただけでは行動には移せません。若者の就労支援の社団法人を設立しても活動資金が無ければ行動はできません。企業等の機関投資家に活動理念を理解してもらい基金という形で資本参加してもらう必要があります。企業とも社会貢献をする団体に基金という形で援助することは自社のイメージアップにつながりますので説得すれば理解して出資してくれるはずです。世のため人のための社会貢献団体だとしても自分たちの活動資金がなくては活動をすることはできません。

若者に正規雇用の道を開き生活を安定させようとする団体の職員が生活が不安定ではまともに活動は不可能です。社団法人の理念を広く理解してもらい、活動基金を募り、広く一般に影響できる団体にしていくのが最終目的のはずです。利益が目的では無い団体というと理解のできない人もいるかと思いますが、世間はいろいろな経営者の方がいるものです。株式会社を経営していると、知らないうちに、いろんな人や会社に迷惑をかけていくものです。長年、経営を続けていくと富を得て、そういうことは興味がなくなり社会貢献や富と名声に興味を持つようになっていく経営者もいるのです。残りの人生を世の中のために費やしたい、人から嫌われるのではなく、人から慕われる経営者になりたい。

そういう経営者の方が非営利団体を立ち上げ社会貢献活動に勤しむようになるものです。人間の心とはそういうものです。株式会社を立ち上げた当初は利益を追求し、人を傷つけても当然のような営業をしていた経営者の人でも歳をとって富を得ると人生を振り返り世の中のために生きていこうと考えが変わり、これからの人生は世の中のために生きていこうという思いが芽生えてきたりするものなのです。

バナー
バナー